池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 5月1日、2日の特別登録 | トップページ | フォゲッタブル 天皇賞(春)に向けて追い切り »

2010年4月26日 (月)

全休日も取材対応に大あらわ

Foge1004

全休日の月曜日も池江厩舎に多くの取材陣が集まりました。

注目はやはり天皇賞(春)出走のフォゲッタブルと青葉賞出走のトゥザグローリー。
両馬とも担当する市川厩務員は忙しそうに対応していました。

振り返れば1年前、フォゲッタブルはまだ500万すら勝てずにいました。
「運動していても歩様がよくない。
 いつ放牧に出してもおかしくない出口の見えない状態でしたね。
 よくなったのは秋、セントライト記念のあたりから。
 馬に活気が出てきたし弱かったトモがしっかりしてきたんです。」

その後の活躍は周知のとおり。
今回、記者たちからステイヤーズSからのローテーションで過去優勝馬がいないという話をふられると
「まだGIをとっていないので、いち挑戦者の立場です。
 でも、昨年とはまったく違うくらい状態がよくなっているから
 過去に例がなくても大丈夫じゃないかな (笑)。」
と不安をふっきりました。

また、過去に池江厩舎が天皇賞(春)へ牡馬を出走させると掲示板を外したことがない、というデータもあるとのことでした。

「フォゲッタブルはレースに向かう"気持ち"がすごく大事なタイプ。
 本番までいいテンションを保てるように気をつけてあげたいですね。」

« 5月1日、2日の特別登録 | トップページ | フォゲッタブル 天皇賞(春)に向けて追い切り »

今日の池江厩舎」カテゴリの記事