池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« シュプリームギフトと今日入厩のチアフルスマイルの娘 | トップページ | 4月24日の出走馬 »

2010年4月23日 (金)

フォゲッタブル 異例の本馬場調整!

Foge100423

今朝、フォゲッタブルは朝一番に坂路コースを走った後、
いつものポリトラックコースではなく芝コースでキャンターを消化しました。
この異例のコース 変更は、木曜夕方に池江師から出されたものでした。

水曜日の追い切りでガッチリと気合が乗りレースに向けて完全に気持ちが入ったものの、次の追い切りまではまだ日があるため、余りある気持ちを走りにぶつ けることができません。
「だからといって、プールに入れてリラックスさせるというのも違うと思うんです」(市川厩務員)。
そんな中、池江師はあえて芝 コースを選んで走らせたのです。

朝6時すぎに坂路コースを1ハロン20-20程度で上ったフォゲッタブルは、そのまま芝コースへ移動。15-15程度のスピードで「必死で抑えな ければならないほど絶好の手ごたえ」(池江助手)で駆け抜けました。
天皇賞で人気になるであろう一頭が追い切りの翌々日に芝コースを走る…。
その過去に殆ど例のない姿を見て、驚き慌てて取材に来た記者もいたそうですよ。

「水曜の追い切りでの変化も大きかったけれど、
今日芝コースに入れたことで見事なまでに思い切り変わったよ。
親方の判断は本当にすごい。」(池江助手)
「顔を見てもわかるでしょ?
今日の調教のおかげで馬がすごくスッキリしましたよ。
これだけの馬です。
普通なら守りに入るタイミングで、あえて"攻め"に出る。
先生の判断は本当に見事です。
これこそが"調教"なんだと思います。」(市川 厩務員)

天皇賞まであと9日。
フォゲッタブルの心身は、天皇賞(春)に向けてさらに研ぎ澄まされていくでしょう。

なお、来週28日のフォゲッタブルとトゥザグローリーの追い切りには内田騎手が跨ることになりました。

« シュプリームギフトと今日入厩のチアフルスマイルの娘 | トップページ | 4月24日の出走馬 »

今日の池江厩舎」カテゴリの記事