池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 4月25日の成績 | トップページ | 5月1日、2日の特別登録 »

2010年4月25日 (日)

青葉賞にはトゥザグローリーが出走

Tothe100423

5月1日、東京競馬場ではダービートライアル青葉賞が行われます。
池江厩舎からは2勝馬のトゥザグローリーが参戦予定。
前走はデビュー戦から10キロ減の532キロでしたが、今回はさらに体を絞って出走できそう です。
「20日の時点で532キロだったのが、21日の追い切りで4キロほど減りました。
この調子なら28日の追い切りと東京競馬場への輸送で520キロくらいまで絞れそうですよ。」(市川厩務員)

状態は確実によくなっています。
調教パートナーの池江助手も「これまでの中で一番いい」と太鼓判をおしますし、市川厩務員は
「のびしろはまだたっぷりありますよ。
ダービーの出走権 利がとれたなら、もっとよくなるはずです」
と笑顔。まだまだ成長途上なのでしょう。

普段はひじょうにおとなしく、ちょっとボーッとしているところがあります。
「オンとオフがすごくハッキリしている馬なんやわ。
オフのときはおっとりし過ぎるくらいなのにスイッチがオンに入るとビューッと走り出す。」(池江助 手)
「普通の馬はオフの時でも少々気持ちが張っているから体も減っていきます。
でも、トゥザグローリーは落ち着きすぎていて、減らない(苦笑)」(市川厩 務員)

トゥザグローリーは大物ゆえの独特な悩みを抱えているようですね。

青葉賞はなかなか手ごわいメンバー構成ですが、池江師は
「ダービーへ出走するためには、強い相手の中ではい上がっていかないと駄目だからね。
チャレ ンジ精神でいくよ」と力強く、握りこぶしを見せます。

28日の追い切りは青葉賞でコンビを組む内田博騎手が騎乗して感触をつかむ予定です。
池江師最後のダービー、出走の権利取りは万全の調整で挑みま す。

« 4月25日の成績 | トップページ | 5月1日、2日の特別登録 »

今日の池江厩舎」カテゴリの記事