池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« バーディバーディが兵庫チャンピオンシップ優勝 | トップページ | 中間で470キロ、ヒカルアマランサス »

2010年5月 5日 (水)

リルダヴァル NHKマイル追い切り

Liledaval100505

今朝は朝一番、開門直後にリルダヴァルの追い切りが行なわれました。
先週の日曜同様、
ポリトラックではなくウッドチップコースでの追い切りで鞍上は福永騎手。
3歳未勝利のグランドチャペルを前においての併せ馬で、4コーナーで追いつき、
最後の1ハロンで一杯に追われたグランドチャペルを4馬身突き放しました。
時計は7Fから、97.0-78.7-63.5-50.2-37.1-12.1。

リルダヴァルはこのところ追い切りだけでなく普段のキャンターも
ポリトラックではなく、しばしばウッドチップコースへ入っています。
これについて池江調教師は
「リルダヴァルは普通に乗るだけで時計が出てしまう馬だからね。
 ポリトラックは時計が速くなる分、鍛えられるけど負担もかかる。
 皐月賞からNHKマイルまではレース間隔も詰まっているし、
 調教で無理に時計を出す必要もないから、
 ポリトラックより時計がかかるウッドチップコースを選んだよ。」
と説明してくれました。

さて、今回は叩き三走目。まさに走り頃です。
「毎日杯は久々ということもあって馬が少々力んでいた。
 皐月賞は内々を通らざるを得なくて、思い切り追うことができなかった。
 今回は思い切り弾ける競馬をさせて結果を出したい。
 賞金面でも、力勝負という意味でも、
 ここで勝ち負けできなかったらダービー云々とは言っていられないからね。」

青葉賞2着のトゥザグローリー、
兵庫チャンピオンシップを勝ったバーディバーディに続き、
池江厩舎3頭目のダービーへの切符を手にするべく
プリンシパルSのゴールスキー(抽選)とともに東上します。

※バーディバーディは日本ダービーとユニコーンS、両睨みで調整されます。

« バーディバーディが兵庫チャンピオンシップ優勝 | トップページ | 中間で470キロ、ヒカルアマランサス »

今日の池江厩舎」カテゴリの記事