池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

トゥザグローリー ラジオNIKKEI賞追い切り

Photo

30日、トゥザグローリーがラジオNIKKEI賞出走のために追い切られました。

この日は村本助手が騎乗。ポリトラックコースでサクラオリオンとの併せ馬。
時計は64.0-49.1-35.7-11.4。ラストの11秒4が光ります!

池江泰郎調教師へのインタビューはKeiba@niftyをご覧ください!
PC http://keiba.nifty.com/cs/column-detail/pdetail/hanaokatakako20100630/1.htm
携帯 http://mkeiba.nifty.com/cs/column-detail/detail/hanaokatakako20100630/1.shtml

2010年6月28日 (月)

福島テレビOP バトルバニヤンとニルヴァーナでワンツーフィニッシュ!

Photo

27日は福島へ2頭、阪神へ2頭出走させた池江厩舎。

福島は福島テレビオープンにバトルバニヤンとニルヴァーナを出走させました。
馬場入り時にバトルバニヤンが放馬するアクシデントがありましたが、
バトルバニヤンはむやみに走り回ることなく疲労もなかったため、そのまま出走。

レースはゴスホークケンが逃げ、人気のアドマイヤオーラは好位5番手。
3コーナーからアドマイヤオーラとともにニルヴァーナが仕掛けると
そのまま4コーナーでは先頭へ。
アドマイヤオーラが絡んできますが、振り切ってへ躍り出たニルヴァーナ!
しかし、そこへ外から追い上げきたのがバトルバニヤン。
アッという間にニルヴァーナを追い抜くとそのまま2馬身半差をつけて圧勝しました。

バトルバニヤンとニルヴァーナ、嬉しい池江厩舎のワンツーフィニッシュです!

バトルバニヤン(写真)に騎乗した松岡騎手のコメントです。
「乗った感触が好きなタイプの馬なんです。
たとえば、好きな女性をみるような感じで接していました。
レースで乗るのは2度目でしたが、すぐにオープンを勝てる能力はあると思っていました。
レース前の放馬がかえって馬をスッキリさせ、気分よく走れたのかもしれませんね。」

ニルヴァーナに騎乗した吉田豊騎手のコメントです。
「やわらかい馬場も平坦コースもいいですね。
 内枠からうまくまわってこれたので、やったと思いましたが惜しかったです。」

1006271

阪神に出走したのは3頭。

宝塚記念のフォゲッタブルは10着、垂水ステークスのキングストリートは5着、5レースのイカイカブラウンは13着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月27日 (日)

6月27日の出走馬

福島11R 福島テレビOP
2番 ニルウ゛ァーナ 吉田豊騎手
4番 バトルバニヤン 松岡正海騎手

阪神 5R
12番 イカイカブラウン 高倉稜騎手(3キロ減)

阪神 9R 垂水ステークス
11番 キングストリート 岩田康誠騎手

阪神10R 宝塚記念
13番 フォゲッタブル 蛯名正義騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

ウインブシドウ 2勝目 ~ 6月26日の成績

1006261

26日の阪神8レース、ウインブシドウが2勝目をあげました。

藤岡康太騎手のコメントです。
「前走で乗せてもらったときに、他馬を気にして能力を出し切れない感じがしたので、今日はハナに行く手を決めていました。チークピーシズもお 願いして着けてもらったんですが、これが効いていたのかどうかは正直なところわかりません。ただ、1000万クラスで好走していた相手にびっしりマークし て来られていても、かわされなければ最後まで頑張るんですから大したものです。直線に向いたところは苦しい場面もありましたが、ハナでも頭でも前に出てい れば気持ちは途切れませんね。ロードイノセントがかわしにかかったときに、ちょうどよく手前が換わってもう一度加速できたのもよかったです。」

池江泰郎調教師のコメントです。
「この手が正解だったか、ですね。稽古はオープンも負かすほど動くのに、実戦に行ったらその半分も走れないじれったさがありましたが、逃げ て1対1の競馬に持ち込むことで能力を引き出すことができました。もっと早く気がつけばよかったということにもなりますが、まずは得意な形がはっきりした ことを喜びましょうか。相変わらず稽古は快調ですし、好走パターンもわかったわけですから、夏もしっかり働いてもらいますよ。次は小倉に行くことになると 思います。」

ウインレーシングクラブ 片山良三氏のコメントです。
「今回は藤岡康太騎手の大ファインプレー。チークを着けることも彼のアイディアだったわけですし、ハナに行く作戦を立てて、それを実行したのも彼 の腕によるものでした。いつものように好位からの競馬をしていたら、またしても消化不良の結果になっていたでしょうから、今日は藤岡康騎手にいくら感謝し ても足りないほどです。とはいえ、勝ったのはウインブシドウの能力の高さです。クラスが再編成になったばかりですから、1000万下から下りてきた馬たち のマークはとてつもないプレッシャーだったはずです。それを振り切ったのですから馬も存分にほめてあげてください。ちなみに、いつもはレース後もケロッと しているブシドウなのですが、今日はさすがに息が荒いままでした。初めていっぱいに能力を出し切った競馬だったのかもしれません。」

1006262

なお、新馬デビューしたチアフルアイズは好位から粘りこみをはかるも3着。
阪神9Rのヤマニンウイスカーは5着、12Rのナショナルヒーローは7着でした。

※協力/ウインレーシングクラブ
※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月26日 (土)

ヴェラブランカ初勝利

ヴェラブランカ初勝利
今日の阪神競馬は天候が雨。
芝は重、ダートは不良でスタートしています。

阪神1レース、およそ1年ぶりの出走となったヴェラブランカは先頭集団で折り合いながらレースを進めてきました。
そして、直線。内からスッと抜け出すとそのまま楽々と抜け出します。後続にはナント7馬身もの差をつけての圧勝でした。
ここはモノが違いましたね。

池江師は
「もともとクラシックを狙っていた器。秋の3歳牝馬GI戦線に間に合うといいね」
と、この夏は条件戦をひとつひとつ戦い続けることを示唆していました。

まずは1勝目。おめでとうございます!

今日は降級馬ヤマニンウイスカーに期待

1006251_2

先週の開催から条件馬のクラス分けが再編成されました。

当然、条件が下がって有利にはたらく馬が出てきます。
今日は準オープンで好走してきたヤマニンウイスカーが1000万下の京橋特別に出走。
このレースを目標にキッチリ乗り込んできました。

「このクラスでは能力は一枚上。きっちり決めたいね」(大久保助手)

2010年6月25日 (金)

今週はチアフルアイズのデビュー戦

1006251

今週の土曜日、26日にはチアフルアイズがデビューします。

母は池江厩舎にいたチアフルスマイル。
以 前書いたこの記事のとおりのサンデーサイレンス産駒らしい気の強い牝馬でした。
 
対して娘は、結構おとなしくて素直です
「お母さんとはタイプが全然違うね」と池江師。

毎日手入れをしている白鳥厩務員によれば、
ふだんも特別手のかかるところはないそうです。

先週デビューしたシュプリームギフトと一緒に調教を重ねてきましたが、
ゲート試験は一発で合格
ゲートを出た後のダッシュもあいかわらずいいですし、
道中もしっかりと小気味いいフットワークを見せています。

無事、デビュー戦を飾れるといいですね。

1006252

1006253

6月26日の出走馬

阪神 1R
6番 ヴェラブランカ 岩田康誠騎手

阪神 4R
8番 チアフルアイズ 川田将雅騎手

阪神 8R
14番 ウインブシドウ 藤岡康太騎手
オッズ発表前

阪神 9R 京橋特別
11番 ヤマニンウイスカー 和田竜二騎手

阪神12R
11番 ナショナルヒーロー 池添謙一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

チアフルアイズ ~ 6月2日撮影

1006021

6月2日撮影のチアフルアイズです。

1006022

2010年6月24日 (木)

ヒカルアマランサス 放牧へ

1006241

24日、ヒカルアマランサスが放牧に出ました。

元気はいいのですが、しばしグリーンウッドで調整されます。

1006242

1006243

1006244

フォゲッタブル 宝塚記念追い切りとマッサージ

1006231

23日、フォゲッタブルは宝塚記念に向けて朝一番にポリトラックコースで追いきられました。
鞍上は新コンビを組む蛯名正義騎手、相手はニルヴァーナでした。

調教駆けするニルヴァーナを追いかけ、直線では外から並びかけます。
馬体を併せてからは手ごたえはやや仕掛ける程度、体勢やや有利でした。

騎乗した蛯名騎手は
「折り合い面で不安はないし、のりやすい。完成すればすごい馬になりそう」
とかなりの好感触を得た様子でした。

午後は疲れを癒すべく、マッサージを受けていたフォゲッタブル。
マッサージは気持ちいいのか、のんびりしているのですが…。
時折、勝手に動いてしまいます。
その都度、ムチを持った市川厩務員に顔を軽く叩かれて叱られていましたよ。
ついつい動いてしまうのでしょうが、人の7~8倍も体重がある馬ですから油断なりません。
とはいえ、叱られてはすぐに大人しくなるフォゲッタブルでありました。

1006232

1006233

2010年6月23日 (水)

シュプリームギフト 放牧へ

1006221_3

20日にデビューしたディープインパクト産駒・シュプリームギフトですが、23日(水)にいったん放牧に出ることが決まりました。

放牧先は宮城県の山元トレセンです。

2010年6月22日 (火)

今日のトゥザグローリー

1006221_2

ラジオNIKKEI賞を来週に控えたトゥザグローリー。

彼はあいかわらず食欲旺盛!

でも、調教の成果でようやくうっすらアバラが見えてきました。

1006222_2

今日のフォゲッタブル

1006222

宝塚記念に出走予定のフォゲッタブルです。

追い切りを明日に控えて充電中。

馬体はごらんのとおり、ツヤツヤです!

1006221

2010年6月21日 (月)

リルダヴァル近況

20100620131018

北海道 早来ノーザンファームで休養中のリルダヴァルです。

軽めの運動で調整中です。
近々、乗り運動も再開する予定。

休養明け緒戦は8月の札幌開催が目標です。

※北海道より写真を送っていただきました!ありがとうございますm(_ _)m

20100620130955

ヒカルアマランサスは5着でした ~ 6月20日の成績(2)

1006202_2

マーメイドSに出走したヒカルアマランサス。
馬体重は前走のヴィクトリアマイルより10キロ増えた458キロ。
レース前もひじょうに落ちついていたそうで、いい状態でレースに臨めました。

しかし、レースでは3~4コーナーで鞍上の手が動き…手ごたえが怪しくなりました。
直線ではそれなりに止まらないものの伸びきれずの5着。
ハンデ56キロという斤量もこたえたようです。

騎乗した内田博幸騎手のコメントです。
「スタートも決まったし、状態は良かったです。この結果は、やはり斤量の差でしょうね。ハンデの軽い馬は行き脚もつきますし簡単には止まらないですから、その後ろからの競馬では届かないと思い積極的に前につけていきました。3~4コー ナーであそこまで手応えがなくなるとは思いませんでした」

1006201_2

今日はピンクの勝負服でさらに8枠ということもあり、池江先生も川辺助手もピンクづいていたんです。

1006203_3

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月20日 (日)

シュプリームギフトは3着 ~ 6月20日の成績(1)

1006202

阪神4R、ディープインパクト産駒のシュプリームギフトがデビューしました。

スタートは父親譲りなのかよくなく、後方からの追走でした。
勝負どころで外から被されるシーンもあり追い出しがやや遅れ、追走するも3着という結果でした。

内田博幸騎手のコメントです。
「スタートは躓きました。道中はとくに引っ掛かることなく、折り合いもつきました。最後は伸び切れませんでしたが、内に入れて我慢させる経験もできました。まだ、遊び遊び走っているかんじもあったし、伸びしろはありそう。競馬の内容としては悪くなかったと思いますよ。」

 池江調教師のコメントです。
「ディープインパクトの子供ということで、まずは順調にデビューさせることが出来ました。結果は期待通りにはならず、残念です。次のレースに目標を切り替えてステップアップしていきたいですね。」

1006203_2

1006201


※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月19日 (土)

6月20日の出走馬 / 6月19日の成績

6月19日、阪神5Rに出走したグランドチャペルは4コーナーから先頭集団をうかがったものの、伸びずに6着でした。

そして、6月20日の出走馬。いよいよディープインパクトの娘・シュプリームギフトがデビューします。

阪神 4R
11番 シュプリームギフト  内田博幸騎手

阪神10R マーメイドS
16番 ヒカルアマランサス 内田博幸騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月18日 (金)

シュプリームギフト デビューに向けてゲートから好発進!

1006152

今朝は20日にデビューが決まったシュプリームギフトと来週のデビューが予定されているチアフルアイズの2頭でゲート練習が行なわれました。

シュプリームギフトには持ち乗りの田重田助手が、チアフルアイズには騎乗が予定されている川田騎手がそれぞれ跨り、ゲートを出す感覚を再確認したのです。

池江師からの指示は「スタート後、2ハロンほど時計を出すように」。

古馬や3歳牡馬はしっかりとした前日追いを課す池江師ですが、これからデビューしようとする2歳牝馬にはスタートダッシュをしっかり覚えさせればじゅうぶん、としているようです。

そして、肝心の調教内容。2頭とも時計は 12.2-11.7-12.4-14.8。
スタート直後、指示どおりポンと出てそのまま勢いよく2ハロン目までしっかりとした脚どりで駆け抜けました。そして、その勢いは3ハロン目も止まらず、そのまま時計になった格好です。

「すごくスムーズにゲートを出ていました。デビュー戦に向けて臨戦態勢が整いましたね」
と田重田助手。レース前日にあたる明日は軽く流す程度の調整にとどめるそうですよ。

それにしても、今週はひじょうに多くの取材をこなしたこのコンビ。
デビュー前からこれほど注目されるというのは珍しいことですよね。

「池江厩舎からはじめてディープインパクトの子供がデビューするのですし、注目されるのはいいことだとポジティブにとらえていますよ。初戦から期待にこたえられるよう、頑張りマス!」(田重田助手)

ちなみに、このシュプリームギフトの装蹄を担当しているのはディープインパクトと同じ西内氏です。

「顔つき、体のかんじ、脚のさわり心地や曲げ具合…。いま栗東にいるディープ産駒の中で一番父親に似ていますよ。」
と父の面影を強調していましたよ。

あとは、ディープインパクト同様、レースで"飛ぶ"だけですね。

6月19日の出走馬

阪神 5R
14番 グランドチャペル 佐藤哲三騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月17日 (木)

今日のトゥザグローリー

今日のトゥザグローリー
可愛い表情のトゥザです!

相変わらず「飯くれぇ〜」と鳴いてます(^-^)

今日のフォゲッタブル

今日のフォゲッタブル
市川厩務員から写真が届きました!

ちなみに今日の栗東トレセンは午後から30℃超えでだそうですよ

でも!市川さん担当馬は2頭とも大変元気

フォゲは暑さに強く涼しげな顔してます

ヒカルアマランサス、マーメイドS追い切り

100616

16日、ヒカルアマランサスがマーメイドSに向けて追い切られました。

ラジオNIKKEI目指すトゥザグローリーを前において追いかけ、直線手前で並びかけ、馬なりでそのままスッと追い抜いて先着しました。時計は80.0-36.9-12.5。

すでにこのブログでお知らせしているとおり、ヴィクトリアマイル以降は反動もなくてひじょうに元気です。

「ヴィクトリアマイルの2着は悔しかったね。今回は結果を出したいね」
と池江師も力が入っていましたよ。

2010年6月15日 (火)

宝塚記念 フォゲッタブルの鞍上が決定

100527

宝塚記念に出走予定のフォゲッタブルの鞍上は蛯名正義騎手に決定しました。

2010年6月14日 (月)

6月13日の成績

今日は惜しいレースが続きました。

東京 9R、エーデルワイスSに出走したレディアルバローザは直線の叩き合いになり、アタマ差の2着に惜敗しました。騎乗した福永騎手のコメントです。
「いい位置で馬場のいいところを通ることが出来ました。桜花賞以外では崩れていない馬ですから、これくらい走ってもおかしくないですよ。」

京都9RあおぎりSに出走したミッキーバラードは直線で見せ場をつくるも3着でした。
騎乗した和田騎手のコメントです。
「前に行けそうだったので積極的に仕掛けて行くレースをしました。もう少し我慢して行くレースを覚えさせてもいいかもしれませんね」

東京11R、エプソムカップに出走したニルヴァーナは17着、ナイアガラは18着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月12日 (土)

ドリームライナー 御陵ステークスを快勝! ~ 6月12日の成績

1006121

京都10R、御陵ステークスに出走したドリームライナー。

先行から抜け出す勝ちパターンで見事1着を飾りました。
池江先生は以前から
「ドリームライナーは揉まれ弱いところはあるけど、ハナに立つとしぶとい」
と話していましたが、今回はそのとおりの強い内容でした。おめでとうございます!

騎乗した池添騎手のコメントです。
「外めの2番手で、いい感じで走っていました。
外から被されるとダメなので、内枠だったのでそのあたりに気をつけました。
早めにセーフティーリードを取って、そのまま凌いでくれましたね」

尚、ここを勝ってオープン入りを果たしたドリームライナーですが、
夏のクラス編成を経て再び準オープンに戻る予定です。

1006122

表彰式の様子

1006123

プレゼンターはドラマのロケで来場されていた高見恭子さん。
トロフィーを受け取る池江先生、ニッコニコでした。

なお、同じ御陵ステークスに出走していたピースキーパーは6着。京都6Rに出走していた3頭、ゴールスキーは4着、ウインブシドウは6着、メルヴェイユドールは11着。京都12Rのミッキーウィスパーは8着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

6月13日の出走馬

東京 9R
8番 レディアルバローザ 福永祐一騎手

東京11R エプソムC
9番 ナイアガラ 吉田隼人騎手
18番 ニルウ゛ァーナ 吉田豊騎手

京都 9R
10番 ミッキーバラード 和田竜二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月11日 (金)

ヴィクトリースターがゲート試験に合格しました!

100609

本日11日、ヴィクトリースターがゲート試験に合格しました!

最初のゲート試験を受けるまではゲートに入るのに少々クセがあったのですが、1回目のゲート試験に落ちてからは今度は出るほうが課題になりました。しかし、先週はずっとゲートの中で駐立するなどの練習に専念した甲斐あって、今朝の試験では動きもスムーズですんなり合格できました。

「これでデビューに向けて調教のピッチをあげることができるね。
 430キロと小柄だし、仕上がりも早いはず。」
と山元厩務員。

これで現在、池江厩舎に入厩中の2歳馬4頭すべてゲート試験に合格しました。
来週20日にデビュー予定のシュプリームギフトを皮切りに続々と2歳馬たちがデビューしていきますよ。

6月12日の出走馬

京都 6R
11番 ウインブシドウ 藤岡康太騎手
12番 ゴールスキー 秋山真一騎手
15番 メルウ゛ェイユドール 浜中俊騎手

京都10R
2番 ドリームライナー 池添謙一騎手
5番 ピースキーパー 藤岡康太騎手

京都12R
14番 ミッキーウィスパー 和田竜二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月10日 (木)

ヴィクトリースター

100610

6月10日のヴィクトリースターです。
ゲート中心の調整をしています。

2010年6月 9日 (水)

ジュエルシードがゲート試験に合格しました

100609

厩舎なじみのアランセラの子供・ジュエルシードが本日、ゲート試験に合格しました。

父はオークス6頭出しも手伝って人気急上昇中のゼンノロブロイです。

池江敏行助手は
「アランセラの子供らしく、ひじょうに素直な性格の持ち主。
 千六から二千くらいの距離があっているかんじがしますね。」
と、今後のジュエルシードを占っていました。

無事、ゲート試験を合格したので、徐々に調教ピッチを上げてデビュー戦にそなえます。

2010年6月 6日 (日)

バーディバーディ ユニコーンSを快勝 ~ 6月6日の成績

100527

東京12R、ユニコーンSに出走したバーディバーディは1.6倍という圧倒的一番人気にこたえて快勝しました。

騎乗した松岡正海騎手のコメントです。
「やはりダートでは強いですね。安心して乗っていられます。直線ではカラ馬を少し気にするところもあったけれど、賢い馬なのでクリアしてくれました。レースについては特に心配もなく、行く馬がいたら後ろから行けばいいと思っていました。今後に向けて特に課題はありません。これからも"バーディ"を狙います(笑)」

京都7Rのナショナルヒーローは大外から猛追するも届かずの3着。京都10Rのリアルプリンスは11着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年6月 5日 (土)

ヒカルちゃん、絶好調

1006051_2

マーメイドSを目指すヒカルアマランサスです。

ヴィクトリアマイルではレース直前のイレこみもあり、大きく馬体重を減らしました。
しかし、その後は疲れがドッと出る、ということもなく高いレベルで安定を保っています。

「いま馬体重は470キロ。カイバもあがることなく絶好調」
と川辺助手。

ヒカルちゃんは体調の良し悪しが顔や体に出やすいタイプなので
この写真をみていただければどれだけ調子がいいか、わかっていただけると思います。

「マーメイドSの鞍上は内田博幸騎手。ヴィクトリアマイルではよく頑張ったけれど、やはり悔しかった。今度は最後まで笑顔でいられるといいね」
と池江スマイルをほころばせる池江調教師でありました。

1006052_3

1006053_3


6月6日の出走馬

東京 12R ユニコーンS
13番 バーディバーディ 松岡正海騎手

京都 7R
12番 ナショナルヒーロー 池添謙一騎手

京都10R
12番 リアルプリンス 中舘英二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

トゥザグローリー 母のイニシャル

1006051_3

昨日(4日)のことです。

ダイエットのため、少しでも遅い時間に調教をつけられているトゥザグローリー。
朝一番、市川厩務員が隣の馬房にいるフォゲッタブルを調教に送り出す前にトゥザの様子を確認したときには、普段と何も変わらない様相でした。

ところが――。
フォゲッタブルの調教を終えて、トゥザの馬装に取りかかろうとしたところ…。

!?

トゥザグローリーの顔には大きく「V」の字が書かれていました。

「どこかに引っ掛けて出来たキズなのでしょう。
 血は出ていなかったし、眼が傷ついている様子もなかったのでホッとしましたが…。
 あまりに鮮やかなVの字が書かれていたのでビックリしました(苦笑)」
と、市川厩務員。さすがに発見直後は焦ったそうです。

ちなみに「V」は母・トゥザヴィクトリーのイニシャル。
一日経って、その傷のせいで熱が出ることもなく無事なので

「勝つという意味の『V』だから縁起がいいとしましょう」

と市川厩務員はアクシデントも明るい笑い話に変えていました。

大事に至らなくて、本当によかったですね。

リルダヴァル 北海道・早来ノーザンファームへ向けて出発

100605

ダービー12着のリルダヴァルは
本日午前8時40分、放牧のため、栗東トレセンを出発しました。

宮城県の山元トレセンを経由して、北海道・早来のノーザンファームへ移動。
今年後半の競馬に向けて、鋭気を養います。

「どこか悪いところがあるのではなく、リフレッシュのための休養です。
 本州より涼しくて気候のいい北海道で再出発だね。」
と池江調教師。

ひとまわり心身ともに成長したリルダヴァルの再起に期待します。

1006052_2

1006053_2

1006054

バーディバーディ 東京競馬場へ出発

1006051

本日(5日)午前7時、
ユニコーンSへ出走予定のバーディバーディが東京競馬場へ出発しました。

いつもひじょうに冷静な馬で、
今日もいつもと同じように淡々と馬運車へ乗り込んでいきました。

かなりの人気を背負うことが予想されますが、
引き続き状態もいいので期待に応えてくれることでしょう。

1006052

1006053

2010年6月 4日 (金)

リルダヴァル放牧

ダービー12着のリルダヴァルは明日、
山元トレセン経由で早来のノーザンファームへ向かいます。

2010年6月 2日 (水)

バーディバーディ ユニコーンSに向けて追い切り

100527

今朝、ユニコーンSに向けてバーディバーディが追い切られました。

ポリトラックコースにてリアルプリンスを追いかけるかたちでの併せ馬。
強めの手ごたえで最後は併入。時計は80.7-36.2-11.9でした。

「皐月賞からレース間隔無く競馬をしていたので、兵庫CSのあとは10日間ほど楽をさせました。今日の追い切りは最後に気合をつける程度で反応を確かめましたが、先週よりいい状態だと確認できましたよ。」(大久保助手)

レースセンスとダート適正の高さは同世代の中でも抜群によいバーディバーディ。

「ダートが得意なメンバーがそろったね。1戦1戦、しっかりとクリアしていかないと。」
と池江師は慎重な姿勢を崩しませんが、もしここを順調にクリアできたならさらに大きな目標を視野に入れていくことになるでしょう。

ごらんのとおり、馬体も気合いもキッチリ高いレベルで維持されています。

1006021

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »