池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

岡助手、リアルプリンスで本日初陣!

100728

今日の小倉10R高千穂特別にリアルプリンスが出走しますが、
このレース、実は新人の岡調教助手のデビュー戦でもあります。

「自分の担当馬をレースに出走させるだけでなく、パドックを引っ張るのも初めて。
 きっと緊張してしまうと思います。」
と岡助手。どんな服装でレースに挑もうか、いろいろと考えていましたよ。

初陣がいきなり特別レースで、しかも人気もあるリアルプリンス。
デビュー初勝ちも夢ではありませんね。楽しみです。頑張ってください!

2010年7月30日 (金)

7月31日の出走馬

新潟 8R
8番 ゴッドフェニックス 吉田豊騎手

新潟11R
17番 キングストリート 津村明秀騎手

小倉 5R
4番 グランドチャペル 岩田康誠騎手

小倉10R
3番 リアルプリンス 岩田康誠騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

ランデブーがゲート試験に合格しました!

10070sapporo
札幌競馬場で調整を進めている2歳馬・ランデブー(写真)が29日、ゲート試験に合格しました。
デビュー戦に向けて調教のピッチをあげていくことになります。

なお、栗東在厩中のザルグーンはゲート練習中です。
出ることを重点に教えられているところです。

2010年7月28日 (水)

エジードの2008

100722

先週、ディープインパクト産駒がまた1頭入厩しました。
母はエジード。青鹿毛の牡馬です。
現在、担当しているのは父・ディープインパクトを担当した市川厩務員。
大柄でパッと見、あまりディープインパクトには似ていないのですが…。
それだけに、ディープに通じるものがあるのでは?と聞いてみたところ、
「似てない(苦笑)」というお返事でした。

まだまだ余裕があるだけに、今後変わってくるのか楽しみですね。

2010年7月26日 (月)

ウインヴェロシティ500万下を突破! ~ 7月25日の成績

小倉12Rはウインヴェロシティが気合十分、横綱相撲で制しました。今回は気性の激しさを市川厩務員が上手にコントロール(リップチェーンを馬場入り後も装着したまま返し馬をし、ゲート入り寸前にそれを外すという工夫)して挑みました。その激しさのためにレース前で力尽きてしまうこともしばしばあったウインヴェロシティでしたが、今回はちゃんと競馬で力を使うことができました。次走は再び1000万下での戦いとなります。おめでとうございました!

池江泰郎調教師のコメントです
「楽勝でしたね。精神的にうるさい面が出てきているので、いまはこれぐらいの距離が合っているんでしょう。でも、ダンスインザダークの子はこれぐらいピリピリしてきたほうが成績もピリッとしてくる傾向があるんですよ。一概に苦しくなっているという判断に結びつけるわけにはいかないところです。このあとは栗東に戻して状態をチェックしますが、基本的にはもう一度小倉に連れてくることを考えています。ダートという隠し技もありますし、上のクラスでも当然楽しめるはずですよ。」

和田竜二騎手のコメントです
「距離短縮で折り合いがつきました。前半は前の馬を壁にする形でハミを噛ませないようにできましたし、3コーナー過ぎではゴーサインを出せばいつでも弾けてくれそうな手ごたえ。1頭マクリが飛んで行ったことで馬群がバラけてくれたのも幸いでしたが、あれがなくても確実に弾けてくれていたはずです。つまり、このクラスでは力が違うということ。昇級してもこのぐらいの距離なら差のない競馬ができそうなイメージが膨らんでいます。ただ、今日はゲートの寄りつきでもうるさいところを見せていたように、だいぶ精神的に苦しくなってきているような気もするんですよね。」

一方、函館12R渡島特別に出走したウインブシドウは積極策から2着に粘っています。

池江泰郎調教師のコメントです
「うん、よく頑張ったよ。このメンバーで2着だから褒めてあげたいね。指示とは違って番手の競馬になったから、また気が向かない走りになるんじゃないかと心配だったけど、最後まで真面目にしっかり走ってくれました。このあとは札幌へ戻して、引き続き、北海道を主戦場にレースを選択していきたいと思います。」

ホワイト騎手騎手のコメントです
「先生からは『ハナに行ってくれ。番手で落ち着いたら、向こう正面で主張してでもハナを叩いてくれ』という指示でしたが、どうにも流れが落ち着いてしまって、馬のリズムも良かったので2番手で控えるという選択したんです。そうしたら、走りをやめるようなところもなくて、最後まで真面目にしっかり走ってくれました。この内容なら、このクラスでも十分やっていけそうだし、ハナにこだわらなくても大丈夫じゃないかな。」

函館9Rの函館記念出走のドリームサンデーは3着、サクラオリオンは12着。新潟11R日本海ステークス出走のニュービギニングは6着でした。

※協力 ウインレーシングクラブ
※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月24日 (土)

ミッキーバラード 天草特別を快勝!

100520

24日、小倉11Rの天草特別(3歳上1000万下、ハンデ、ダート1700m)に出走したミッキーバラードは4コーナーで抜け出すとそのまま押し切る内容で1番人気に応えました。
勝ちタイムは1分 45秒5。
香港のホワイト騎手は今日から騎乗をしていますが、これが嬉しい初勝利になりました。重ねておめでとうございます!

D.ホワイト騎手のコメントです。
「3歳ですが乗りやすい馬です。ちょっと物見をしていましたがそれでも勝ちましたし、まだまだ良くなってくると思います。ぜひまた乗りたいですね」

小倉6Rのイカイカブラウンは4着、12Rのナショナルヒーローは6着でした。

7月25日の出走馬

新潟11R
9番 ニュービギニング  吉田豊騎手

小倉12R
6番 ウインウ゛ェロシティ 和田竜二騎手

函館 9R 函館記念
8番 ドリームサンデー 池添謙一騎手
10番 サクラオリオン 四位洋文騎手

函館12R
8番 ウインブシドウ ホワイト騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

7月24日の出走馬

小倉 6R
1番 イカイカブラウン  川田将雅騎手

小倉11R
14番 ミッキーバラード ホワイト騎手

小倉12R
16番 ナショナルヒーロー 福永祐一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月22日 (木)

武豊騎手、ヤマニンウイスカーに乗って調教復帰!

10072

22日早朝、武豊騎手が池江厩舎のヤマニンウイスカーの調教に騎乗し調教復帰を果たしました。

大勢の報道陣が見守る中、坂路コースで池江敏行助手騎乗のイカイカブラウンのあとをゆったりと駆け上がる武豊騎手とヤマニンウイスカー。

次にポリトラックコースへ移動し、同じようにイカイカブラウンの4~5馬身後ろをキャンターで周回していました。

1007223

「やはり馬の上がいいですね。」

と武豊騎手は4ヶ月ぶりの馬の背の感触を味わって感無量の面持ちでした。

このあとは追い切りに騎乗するなどしてもうしばらく様子を見る予定。
レースへの復帰は来週になる見込みです。

ちなみに、今回の調教騎乗は昨日急に決まりました。
札幌に出向いている池江調教師へ武豊騎手が依頼するかたちで実現しました。
今朝は池江調教師の師匠である浅見国一元調教師がその姿を見守り、
あがってきた武豊騎手を激励していました。

待ちに待った復帰は、もうすぐです。

1007221

1007222

2010年7月19日 (月)

7月14、17、18日の成績

14日、ジャパンダートダービーに出走したバーディバーディは6着でした。レース直後に放牧に出て、復帰は秋になる見込み。「南部杯などを視野に入れて、ダート路線で頑張りたいね」(池江師)とのことでした。

17日、新潟11Rのドリームライナーは2着。小倉10Rのヤマニンウイスカーは3着でした。

18日、小倉10Rのニュービギニングは道中、かなりムチを入れられながらも最後まで伸びて5着。小倉12Rのヴェラブランカは5着、函館 9Rのピイラニハイウェイは10着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月18日 (日)

7月18日の出走馬

小倉10R
9番 ニュービギニング 藤岡康太騎手

小倉12R
9番 ヴェラブランカ 藤岡康太騎手

函館 9R
3番 ピイラニハイウェイ 古川吉洋騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月17日 (土)

7月17日の出走馬

新潟11R
9番 ドリームライナー 戸崎圭太騎手

小倉10R
1番 ヤマニンウイスカー 和田竜二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月14日 (水)

ランデブーが入厩しました!

ランデブーが入厩しました!
本日、札幌競馬場に入厩したランデブーです。

栗毛の牝馬。可愛らしい顔をしていますね。


まずはゲート試験の合格を狙います。

2010年7月13日 (火)

バーディバーディ ラストダービー制覇へ向けて栗東を出発

100713

ジャパンダートダービーを狙うバーディバーディが栗東トレセンを

出発。
大井競馬場へ向かいました。

明日は8枠12番か ら池江厩舎最後のダービーを狙って走ります。
発走は20時10分です。

1007132

※写真送っていただきました。ありがとうございます!

2010年7月12日 (月)

函館記念を狙うサクラオリオンとドリームサンデー

阪神開催もおわり、ローカル開催本番ですね。

池江厩舎の北海道シリーズも、もうすぐ始まります。

すでに先週、札幌競馬場にピイラニハイウェイ(田重田助手)とウインブシドウ(片山助手)が移動。
ドリームサンデーも入厩しており、函館記念を目指して調整中です。

また、同じく函館記念を目指すサクラオリオンも今週、札幌競馬場へ移動します。

なお、今週は2歳馬が1頭入厩する予定もありますよ。

今週水曜日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーに出走予定のバーディバーディは明日13日に移動してレースに備える予定です。

池江厩舎、最後のダービー獲りがかかった一戦になります。

7月11日の成績

福島のメーンレース・七夕賞はバトルバニアンが3着同着、ニルヴァーナが15着でした。

3着のバトルバニヤンに騎乗した中舘騎手のコメントです。
「結果的に動くのが早かったです。4コーナーで前の馬が止まってしまったのも誤算でした。」

阪神4レースのヴィクトリースターは追い込むも6着。
8レースのヴィジレは12着。12レースのゴッドフェニックスは4着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月10日 (土)

ザルグーンが入厩しました!

1007093

9日、池江厩舎に3頭目のディープインパクト産駒が入厩しました。

名前は 「ザルグーン」 。

母はゴールデンサッシュ。
ステイゴールドやレクレドールの半弟になります。

「ホームベース型のマークが特徴的だね。
 とても素直そうな顔つきだし、全体の体のラインもきれい。
 秋デビューを目指しますよ。」

と池江調教師。

また、池江助手が
「オデコのあたりが岩のように2つ出っ張っているのがディープにそっくり」
と驚きつつ、嬉しそうに話していましたよ。

担当はレクレドールをてがけた市丸善一助手です。

1007091

1007092

7月11日の出走馬

福島11R 七夕賞
5番 ニルヴァーナ 北村宏司騎手
10番 バトルバニヤン  中舘英二騎手

阪神 4R
1番 ヴィクトリースター 藤岡康太騎手

阪神 8R
8番 ヴィジレ 高倉稜騎手

阪神12R
11番 ゴッドフェニックス 池添謙一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月 7日 (水)

3歳馬ゴールスキー、古馬相手に2勝目 ~ 7月4日の成績 

1007042

4日、阪神8レース(500万下)でゴールスキーが嬉しい2勝目をあげました。


直線では最内から追い出し、鮮やかに抜け出しての優勝でした。古馬相手で後続に2馬身の差をつけるとはお見事です!今回からハミを変 えて舌をくくった効果が出たようです。おめでとうございます!

騎乗した浜中騎手のコメントです。
「スタートは五分に出ました。その後、ポジションをとりにいくために少し押した時、ハミを噛むようなところがありましたが、3 コーナー手前で折りあいはつきました。
直線、追い出してからは抜群の手応えでしたね。いまはこのくらいの距離がいいのかもしれません。」

福島11レース、ラジオNIKKEI賞に出走したトゥザグローリーは5着でした。
「いちばん悪い競馬になってしまいましたね。今日は残念でしたが、力は示していますし、まだこれからの馬です。秋以降にまたいい走り ができるよう、このあとは夏休みにして秋を目指します。」(池江師) 

阪神11レースに出走したウインヴェロシティは13着でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

1007041

2010年7月 5日 (月)

フォゲッタブル、トゥザグローリー 放牧

100630

2日、フォゲッタブルがノーザンファームへ放牧に出ました。

「夏場は休養、秋競馬は国内に専念することになりました。
 ジャパンカップなどGI路線で戦うためにも英気を養わないとね」
と池江師は話していました。

また、4日のラジオNIKKEI賞で5着に敗れたトゥザグローリーも
急遽、放牧に出ることになりました。
福島競馬場からそのまま宮城・山元トレセンへ。
近々、北海道ノーザンファームへ移動します。

「トゥザもこれからの馬だし、秋以降にまたいい走りができるよう、
 このあとは夏休みにして秋を目指します。」(池江師)

2010年7月 3日 (土)

三宮特別はレディアルバローザが優勝!〜7月3日の成績

阪神9レースの三宮特別は福永祐一騎手騎乗のレディアルバローザが優勝!

古馬との混合戦にも関わらず、ゴール前で先頭をきっちりとらえてクビ差で勝つという、ひじょうに強い内容でした。
福永騎手のコメントです。
「前回乗ったときに競馬がすごく上手だ、という印象を受けました。行く馬の後ろにつけるというイメージ通りの競馬ができましたね。
ゆるんだ芝に脚をとられていましたが、斤量が軽かったこともあり強い内容で勝ってくれました。
高いポテンシャルを持っている馬なので先々楽しみです。」


ちなみにレディアルバローザを担当する三浦厩務員は少し前まで2歳馬ジュエルシードの世話もしていました。しばらくレディアルバローザとジュエルシードは隣同士の馬房で共に暮らしていたんです。
先週の日曜日、ジュエルシードが亡くなるアクシデントがあっただけに今日の勝利は1勝以上の重みがあったことでしょう。
おめでとうございました!

トゥザグローリー、福島に無事到着

トゥザグローリー、福島に無事到着
ラジオNIKKEI賞に出走するトゥザグローリーが無事、福島競馬場に到着しました。

現地から市川きゅう務員が写真を送ってくれましたよ。
「無事元気にしています!
暑いのでシャワーをしましたよ」

とのことでした。

あしたが楽しみです!

7月4日の出走馬

福島11R ラジオNIKKEI賞
9番 トゥザグローリー 内田博幸騎手

阪神 8R
1番 ゴールスキー 浜中俊騎手

阪神11R
13番 ウインヴェロシティ 和田竜二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月 2日 (金)

7月3日の出走馬

阪神 9R 三宮特別
11番 レディアルバローザ 福永祐一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年7月 1日 (木)

ジュエルシード 夭折

Photo_2

2歳馬・ジュエルシードが6月27日、故障のために亡くなりました。

5月12日に入厩 、ゲート試験も無事合格 してデビューに向けて調教を進めていた中での事故でした。

合掌。

池江調教師のコメントはこちらです。 PC 携帯

サクラオリオン 得意の北海道競馬へ

100624

札幌の洋芝が得意なサクラオリオンです。

30日はラジオNIKKEI賞に出走予定のトゥザグローリーとの併せ馬。
北海道競馬に向けて鋭意充電中です。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »