池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

10月31日の出走馬

東京12レース 東京ゴールデンプレミアム
7番 ウインブシドウ ホワイト騎手

京都3レース
10番 ザルグーン 和田竜二騎手

京都11レース カシオペアS
4番 ニルヴァーナ 浜中俊騎手
8番 トゥザグローリー 池添謙一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月30日 (土)

10月30日の出走馬

福島4レース
12番 グランドチャペル 丸山元気騎手

福島10レース
10番 ヴィクトリースター 中舘英二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月28日 (木)

ダノンバラード 新馬戦優勝後、リフレッシュ放牧に出ました

1010241

24日、京都競馬5レース、
池江厩舎期待の新馬・ダノンバラードが勝ちあがりました。

スタートもよく、道中もスムーズ。
直線で前の馬に並びかけると、そのままスッと抜け出してのゴールでした。

武豊騎手のコメントです。
「ゲートはうまく出てくれたし、折り合いもついていました。
 キョロキョロするところもありましたが、初めてのレースですからね。
 センスの良さはじゅうぶん感じられましたし、かなりの将来性を感じました。
 ディープインパクトの血を引き継いでいるわけですから、ひじょうに楽しみですね。
 僕自身、ディープインパクト産駒に対しても想いというのは特別なものがあります。
 僕の中でディープインパクトという馬の主戦を務めることが出来たのは大きな財産ですから。」

1010242

池江調教師は
「センスがよく、おっとりしてスタートもよかったね。
 勝ててホッとしたよ」
と、胸を撫で下ろしていました。

※池江泰郎調教師のさらに詳しいコメントはこちらのコラムをご覧ください。

1010243

なお、レース後にグリーンウッドへ放牧に出ています。
次走は京都2歳ステークスの予定です。

1010246

レース直後のダノンバラード。

1010244

ひじょうに人懐こく、
担当の田重田助手にもよく甘えています。

1010245

2010年10月27日 (水)

ドリームライナー、京都クラウンプレミアムを優勝しオープン入り!

1010241

24日、京都競馬12レース・京都クラウンプレミアムではドリームライナーが2.4倍の1番人気を背に出走。
道中、2番手からレースを進め、直線で逃げたサンライズモールをとらえると、そのまま突き放し、最終的には後続に3馬身差をつける圧勝劇を演じました。
準オープンを無事卒業、池江厩舎現役古馬では13頭目のオープン馬の誕生です。おめでとうございました!

藤岡佑介騎手のコメントです。
「返し馬からシャープな動きを見せていました。人気もしていたので勝ててホッとしています。完勝でしたね。力でねじ伏せるような競馬ができたと思います。この後もまだまだ頑張ってくれるでしょう。」

23日、東京・富士ステークスに出走したリルダヴァルは4着。24日、東京・甲斐路ステークスに出走したメジロラフィキは8着でした。京都5Rではダノンバラードが優勝しています。

1010242

1010243

2010年10月24日 (日)

10月24日の出走馬

東京10R 甲斐路ステークス
5番 メジロラフィキ 熊沢重文騎手

京都5R
5番 ダノンバラード 武豊騎手

京都12R 京都クラウンP
3番 ドリームライナー 藤岡祐介騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月22日 (金)

10月23日の出走馬

東京11R 富士ステークス
5番 リルダヴァル 北村宏司騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月19日 (火)

ダノンバラード いよいよ今週、ベールを脱ぎます

1010141

10月24日、ディープインパクト産駒期待の1頭、ダノンバラードがベールを脱ぎます。

京都芝1800m戦、武豊騎手を背に迎えてデビューする予定です。

それに先駆けて、10月14日の朝、武騎手は調教にもまたがりました。

「素直な馬。乗りやすかったです。
 父親のディープインパクトとは体型が違うけれど、
 気持ちいい走りは一緒です。」(武豊騎手)

ちなみに、武豊騎手がディープインパクトの子供に乗るのは、
調教、レースを通じてこれが初めてだそうです。

さらに、8月中旬。
池江調教師と武豊騎手は誘い合わずして偶然、坂東牧場で会いました。
そのとき、ふたりは一緒にダノンバラードの調教を見ながら、

「雰囲気がいい」
「動きがいい」

と話したそうです。

「夏の北海道で偶然ユタカと一緒にこの馬を見たのも運命だね。
 僕の調教師人生も残すところあと4ヶ月半。
 この馬に賭けているんだ。いい競馬を期待しているよ。」(池江師)

1010142

101014

2010年10月18日 (月)

ゴールスキー 清水Sを完勝

1010173

17日、京都競馬10R・清水ステークスでゴールスキーが
後続に1馬身1/4差をつけて完勝しました。

道中は3、4番手のポジション。直線でやや外に持ち出して追い出し、スピードが乗るとすと一気に加速。前をいく馬たちをまとめて差し切るという力強い内容でした。勝ちタイムは1分33秒1。

優勝した福永祐一騎手のコメントです。
「道中は前を壁して折り合いました。今日でもイライラした面はあったし、もっと走りが軽くなれば抑えるのには苦労しそうです。ただ、そのくらいのほうが上のクラスで戦うときには好都合かもしれませんね。
追い出してからはスっと反応できませんでしたが、行き脚がついてからは最後までよく伸びてくれましたね。切れるというよりは長くいい脚を使うタイプです。
まだまだよくなる余地がある馬です。現状ではマイルくらいのほうがいいかもしれませんね。」

そして、池江調教師は
「ここにきて馬体が成長してきたね。これからまだまだよくなる馬だよ」
とゴールスキーの奥の深さを示唆していました。

1010172

1010171

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

10月16日、17日の成績

1010171_2

10月16日、京都・鳴滝特別に出走したヤマニンウイスカーは5着、東京・アイルランドトロフィーに出走したトゥザグローリーは2着。
10月17日、京都・秋華賞に出走したレディアルバローザは直線、内で粘るも5着でした。

※清水Sを優勝したゴールスキーについてはこちらをご覧ください。
※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月17日 (日)

JRAターフトピックスに池江厩舎応援ツアーの映像

JRAのホームページ内 ターフトピックスの映像の中に先日の「池江厩舎応援ツアー」の様子が紹介されています。

こちらからご覧ください 

2010年10月16日 (土)

10月17日の出走馬

京都 10R 清水S
5番 ゴールスキー 福永祐一騎手

京都 11R 秋華賞
1番 レディアルバローザ 幸英明騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

10月16日の出走馬

東京11R アイルランドトロフィー
3番 トゥザグローリー  武豊

京都10R 鳴滝特別
2番 ヤマニンウイスカー 和田竜二騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月15日 (金)

レディアルバローザ 秋華賞へ出走!

1010141

秋華賞への出走は獲得賞金の関係で抽選の結果待ちだったレディアルバローザ。

池江師は

「抽選で通るか、通らないかはこの馬の運命」

とジッと朗報を待っていました…。

木曜午後、無事に抽選を突破した報告を聞くと

「本当によかった」

と、胸を撫で下ろしていました。

「体つきも春に比べてたくましくなっているね。
 前々走の三宮特別では古馬相手を負かした時の内容もよかったよ。
 ポリトラックでの追い切りも、終い11秒4といい時計で走っている。
 抽選を突破した、このツキをいかしたいね。」(池江師)

【追記】

枠順は1枠1番に決定しました。ジョッキーは幸英明騎手です。

2010年10月11日 (月)

ディヴァインクレアが入厩しました

1010071

7頭のディープインパクト産駒、ディヴァインクレアが7日に入厩しました。

母のぺトラの祖母Burghclereはディープインパクトの母・ウインドインハーヘアの母にあたるため、Burghclereの3×3とひじょうに濃い血統です。血統表はこちら

実は、馬名のディヴァインクレアの"クレア"はそのBurghclereからとっています。(ディヴァインは「神からの(授かりもの)」という意味だそうです)

骨りゅうが出たため入厩が遅れましたが、現在は問題ありません。

馬体重は460キロ。

「これで入厩予定のディープインパクト産駒7頭が全部入ったね」(池江師)

なお、これで入厩予定の2歳馬は全て入ったので、池江泰郎厩舎の新顔は本馬が最後となります。

ちょっと気の強い、賢そうな顔をしてますね。楽しみです。

1010072

10月10日、11日の成績

1010102

10日、京都大賞典に出走したフォゲッタブルは6着でした。

道中は後方からの追走。
勝負どころで外に持ち出して上位に迫りましたが、届きませんでした。

1010103

武豊騎手のコメントです。
「前哨戦としては、マズマズの内容です。
 使って良くなるタイプですから、次走に期待したいですね。」

1010101

10日、京都9レースに出走したヤマニンウイスカーは7着。
10レース、平城京ステークスに出走したミッキーバラードは14着、ピースキーパーは15着。

11日、盛岡競馬場のマイルチャンピオンシップ南部杯に出走したバーディーバーディーは5着でした。

11日は南部杯、バーディーバーディは6枠7番です

100601

11日、岩手の盛岡競馬場で南部杯が行なわれます。

池江厩舎からはバーディーバーディーが出走。
6枠7番、緑の帽子。ジョッキーはもちろん松岡正海騎手です。
10日午前3時に栗東を出発しています。

出走表はこちら → ここをクリック

池江調教師のコメントです。
「夏は春の疲れを癒すべく千代田牧場でス放牧に出しました。リフレッシュされていいかんじで戻ってきましたよ。
 今回は強い相手もいるので胸を借りるつもりで戦います。また、南部杯でどれだけの競馬ができるかが今後のローテーションを決める鍵になるでしょう。」

2010年10月 9日 (土)

リルダヴァル 大原Sで1年ぶりの勝利!

1010601
京都10R、大原ステークスはリルダヴァルが1年ぶりに勝ちました。互角のスタートから3、4番手でレースを進めたリルダヴァル、直線で内側から間を割って抜け出すとそのままほぼ持ったままで圧勝!後続に3馬身半の差をつけ、このクラスでは力が違うところを見せました。おめでとうございます!

福永騎手のコメントです。
「またがったのはダービー以来でしたが、数段よくなっていましたね。馬場が悪いので意識的に前で競馬をしました。ポジションを取りにいくとき、少しハミを噛みましたが、道中は折り合っていました。馬場を気にしたり、ノメるところもありませんでした。直線では手ごたえどおり、しっかり伸びてくれました。これからが本当に楽しみです。」

1010062

なお、京都5R のザルグーンは6着。東京10R、オクトーバーS出走のニュービギニングは7着でした。

10月10日の出走馬

京都9R 清滝特別
7番 ヤマニンウイスカー 武豊騎手

京都 10R 平城京ステークス
1番 ピースキーパー 藤岡康太騎手
15番 ミッキーバラード 内田博幸騎手

京都11R 京都大賞典
11番 フォゲッタブル 武豊騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

本日、ザルグーンがデビューします。

1010071

9日、京都競馬5レースで、いよいよザルグーンがデビューします。

先週、デビューの予定でしたが熱発のため回避。
しかし、調教を休んだのは1日だけで無事回復し、今週出走の運びとなりました。

血統はステイゴールドやレクレドールの半弟にあたります。
「気性は兄や姉に比べるとオットリしているよ。
 今年の2歳馬の中ではトップクラス。7月から厩舎にいるが、
 走るのがわかっている馬だけにじっくり仕上げてきたよ。」と池江師。

楽しみですね。発走は12時20分です。

10月9日の出走馬

東京10R オクトーバーS
2番 ニュービギニング 吉田豊騎手

京都 5R
2番 ザルグーン 和田竜二騎手

京都10R 大原S
5番 リルダヴァル 福永祐一騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月 7日 (木)

バトルバニヤン、放牧

101001

バトルバニヤンがリフレッシュ放牧に出ます。

「ポートアイランドSは馬場が重かったね。
 短期放牧でリフレッシュさせて、次走に備えます。」(池江師)

2010年10月 5日 (火)

トゥザグローリー かなりテンションが上がってきました!

1009301

16日、東京のアイルランドトロフィーに出走予定のトゥザグローリー

テンションがかなり上がってきました!
先日も状態がかなり急激によくなっていると書きましたが、
この中間でさらにパワーアップ。
元気が余るくらいによくなってきました。

今週の追い切りは木曜日に予定されています。
「明後日、追い切ってガス抜きができれば、
 レースはほどよいテンションで迎えられるでしょう。」(市川厩務員)

1009302

1009303

今週は京都大賞典 フォゲッタブルが出走します

100930

今週の京都大賞典にはフォゲッタブルが出走します。

馬体はかなりフックラして回復して、
日を追うごとに、どんどん状態がよくなっています。

「普通の馬じゃ考えられないスピードで良化している。
 これも、血の成せる業やね」

と、市川厩務員は父母の血の奥深さを強調していました。

あと、見ていて思うのは、厩舎では
市川厩務員がちょいちょいフォゲと遊んであげているのがいいようです。
放っておかれるより、かまってもらうのほうが楽しい。
これは人も馬も同じですね。

明日朝は京都大賞典に向けての追い切り。
「リルダヴァルと併せ馬で追い切る予定です。」(市川厩務員)

2010年10月 3日 (日)

10月2日、3日の成績

2日、阪神8Rに出走したヴィジレは10着。
3日、阪神10RのポートアイランドSに出走したバトルバニヤンは8着、キングストリートは9着でした。12Rに出走したナショナルヒーローは直線で2着争いに加わりましたが、4着という結果でした。

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

10月3日の出走馬

阪神10R ポートアイランドS
4番 バトルバニヤン藤岡康太騎手
8番 キングストリート 浜中俊騎手

阪神12R
7番 ナショナルヒーロー 鮫島良太騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月 2日 (土)

インアフラッシュが入厩しました!

1009292

29日、ディープインパクト産駒のインアフラッシュが入厩しました。
母はリリオ。フェルヴィード(父スペシャルウィーク)やドリームアライブ(父シンボリクリスエス)の弟にあたります。

池江師は
「全体的なバランスがいい馬だね。ダノンパッションと似ている感じがするよ」
と6頭目のディープ産駒の入厩を出迎えていました。

担当の岡助手は上のフェルヴィード、ドリームアライブのいずれにも携わっていますが、
「どちらかというとフェルヴィードに雰囲気が似ている」そうです。

「気性は大人しく、カイバ食いもいいですよ。
トビが大きくてキレイ。仕草ひとつとっても柔らか味があります。」(岡助手)

1009291

10月2日の出走馬

阪神8R
13番 ヴィジレ 川田将雅騎手

※出馬表、枠順、成績、結果等は主催者発表のものをご確認ください。

2010年10月 1日 (金)

厩舎見学会が行なわれました!

01

29日、池江厩舎ではファンの方を招いた厩舎見学会が行なわれました。

内容は蜂谷アナによる池江師へのインタビューやクイズ、質疑応答、
厩舎の馬たちを1頭1頭、間近で池江師や厩舎スタッフが見せて案内する、
というものでした。

実際に出された池江先生にまつわるクイズ。
3つの中から正解を選んでください。(正解はこの記事の一番下をご覧ください)

1)子供の頃、器械体操をやっていたけれど、急に犬が出てきて暴れたのでビックリして落ちてしまった。だから犬が大嫌い。
2)犬とネコが大好きで、家には犬が3匹、ネコが2匹いる。
3)犬は1匹飼っている。チビマルという日本犬です。

皆さん、よくご存知で出題した蜂谷アナが
「なんで知ってるんですか(苦笑)」
と言うほど、たくさんの方が正解に手を上げていらっしゃいました。

04

続いて、実際に馬たちを1頭1頭案内して、皆さんに見ていただいたときの様子です。
フォゲッタブル(手前・左)もトゥザグローリー(奥・右)も
いつになく乗り出してファンの方たちをキョロキョロと見回していました。

05

札幌から戻ったばかりのリルダヴァル。
こちらはいつもどおりマイペースです。

02

03

厩舎見学会のタイミングで、偶然、藤岡兄弟が厩舎を訪問。

そこで急遽、藤岡兄弟のツーショット撮影会が実現しました!
これは嬉しいサプライズでした。

06
見学会を終え、池江師は
「ファンの方が実際に厩舎に来て馬を見たいという声がたくさんあるので、
 今回は期待に応えられてよかった。」
とホッとした表情でお話されていました。

なお、厩舎見学会の様子はNHKのニュースでも紹介されました。
滋賀版、関西版、全国版で放送されたそうです。池江先生は
「(故郷である)宮崎県でも放送されたようで、ニュースを見た友達から連絡があったよ」
とニッコリ。
「厩舎見学会がニュースで取り上げられるとは驚いたなぁ」
と目を丸くしていらっしゃいました。

ニュース映像はNHKニュースのホームぺージでご覧ください。
リンクはこちら 「名馬育てたきゅう舎 見学会」

【クイズのこたえ】
3のチビマルです。
日本犬が16歳まで生きるというのは長生きだそうですが、
これも「動物が、生きものが大好き」という名調教師・池江師の育成の賜物でしょう。
千代田牧場さんのHPでもチビマルの話が紹介されています。こちらからご覧ください。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »