池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

« 2月14日の出走馬 | トップページ | 2月14日の成績 »

2011年2月14日 (月)

トゥザグローリー、京都記念を制す!JRA通算重賞70勝目

1102132

京都11レースの京都記念、
トゥザグローリーが見事1番人気にこたえて優勝しました!

道中は3番手からレースを進め、4コーナーで外に出すと、
そのまま豪快に他馬を差し切って先頭へ躍り出るという、
ひじょうに強い内容でした。

1102131

騎乗したリスポリ騎手のコメントです。
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。
 本当に強かったですね。
 僕は乗っているだけでした。
 乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。
 池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです。」

1102133

1102136

この京都記念を制したことで、
池江泰郎厩舎はJRA通算重賞70勝目をあげました。

1102134

1102135

なお、トゥザグローリーを池江スタッフが競馬場へ送り出すのは、
この京都記念が最後になります。

1102137

池江調教師は東京競馬場へ行っていたため、
池江敏行助手が臨場で調教師のお立ち台へ。

1102138

市川厩務員にとってはJRA通算21勝目の重賞勝利とのことです。

1102139

 

レース後のトゥザグローリー。
疲れもほとんど見せず、ひじょうに余裕がありました。
さっそく食欲旺盛なところを見せるあたり、
いかにもトゥザらしい、と感じました。

「最後のレースだから絶対に勝ちたかったし、勝てると思っていました。
 これから、まだまだよくなる馬だと思います。」

と市川厩務員。

トゥザグローリーは3月1日をもって池江泰寿厩舎へ転厩します。
市川厩務員は千田厩舎へ行くので、
市川厩務員がトゥザグローリーを競馬場へ送り出すのはこれが最後です。

おつかれさまでした!

東京11レース、共同通信杯に出走したダノンバラードは1番人気におされましたが、9着に敗れています。東京競馬場へ出向いていた池江調教師は
「2戦目に負けたときのような競馬だった。若さが出てしまったね。」
と、ひじょうに残念そうでした。

京都10レース・飛鳥Sに出走したニュービギニングは15着、小倉7レースのグランドチャペルは10着、小倉11レース・門司Sに出走したウインブシドウは13着でした。

« 2月14日の出走馬 | トップページ | 2月14日の成績 »

今日の池江厩舎」カテゴリの記事