池江泰郎厩舎は2011年2月28日で解散しました

携帯URL

無料ブログはココログ

今日の池江厩舎

2011年3月 1日 (火)

池江泰郎厩舎所属馬 転厩先リスト

2011年3月1日、池江泰郎厩舎の管理馬は以下の厩舎へ転厩しました。

池江泰寿厩舎
ヴィクトリースター、ダノンバラード、トゥザグローリー、バーディバーディ、リルダヴァル、ドリームライナー(フォゲッタブル、ダノンパッション、ゴールスキーは転厩済み)

角田晃一厩舎
ザルグーン、ヴィジレ、インアフラッシュ

千田輝彦厩舎
バトルバニヤン、ピースキーパー、ウインブシドウ、チアフルアイズ、グランドチャペル

高野友和厩舎
ヒカルアマランサス、ミッキーオーラ、ミッキーバラード

吉田直弘厩舎
ピイラニハイウェイ、ニュービギニング

日吉正和厩舎
ヤマニンウイスカー、ランデブー

牧田和弥厩舎
メルヴェイユドール

西園正都厩舎
キングストリート

加用正厩舎
ディヴァインクレア

田中剛厩舎
ドリームアライブ

登録抹消
ナショナルヒーロー(川崎)、ニルヴァーナ

2011年2月28日 (月)

ヤマニンウイスカー優勝!池江泰郎厩舎、有終の美を飾る~2月27日の成績

小倉のメインレース・虹の松原ステークスに参戦したヤマニンウイスカーが見事優勝を果たしました。なかなか勝ちきれないレースが多かったヤマニンウイスカーだが、この日は丸山元気騎手を背にうまくレースの流れに乗り、しっかりと最後まで伸びきりました。

丸山元気騎手のコメントです。
「スムーズに流れに乗れたのが良かったです。追ってからフワフワするところもなく、しっかりとのびてくれました。」

なお、阪神・すみれステークスのヴィクトリースターは7着、中山記念のを走ったリルダヴァルは6着でした。

Fin

この日、中山競馬場にいた池江泰郎調教師。ヤマニンウイスカーの勝利に「僕は九州出身(宮崎県)。何か縁があったんでしょう」と感慨深げでした。名伯楽・池江泰郎調教師は見事に有終の美を飾りましたね。

池江泰郎厩舎のJRA通算成績は6768戦845勝。重賞は70勝。池江泰郎先生、55年もの長いあいだ本当におつかれさまでした。そして、池江泰郎先生を支えてきた厩舎スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

池江泰郎調教師の引退についてのコメントです。
「この社会に入って55年、多くの人の支えでここまで来れました。感謝しています。
最後の勝利が小倉だったことは、九州出身の自分に対するプレゼントをもらった気がします。また、たくさんの思い出が詰まっている中山競馬場で最後のレースを迎えたことは何か縁があったのでしょう。ディープインパクトが引退したのもここでした。今日のすべてのレースを終え、やりつくしたという気持ちです。
今日は勝負の日でしたので、2~3日したら引退の実感が湧いてくると思います。まずはゆっくりしたい気持ちもありますが、自然と馬の匂いがするところに戻って来るのではないかと思います。
ファンの皆様には花束ももらい、あたたかい声援も頂き、次の人生でも頑張れよという励ましをもらった気がします。ファンあっての競馬ということを忘れないで欲しいと思います。ありがとうございました。」

2011年2月26日 (土)

2月27日の出走馬

中山11レース 中山記念
5番 リルダヴァル 内田博幸騎手

阪神9レース
2番 ヴィクトリースター リスポリ騎手

小倉11レース 虹の松原S 
1番 ヤマニンウイスカー 丸山元気騎手
7番 キングストリート 四位洋文騎手

※枠番、成績等は主催者発表のものとご照会ください。

2月26日の成績

小倉9レースに出走したメルヴェイユドールはスローペースの中、2番手でレースを進めました。直線を向いたときに手ごたえはありましたが、追い出してからはジリっぽくなり4着に敗れています。騎乗した藤岡康太騎手によれば「内からきた馬にぶつけられて一瞬フワッとした影響もあったかもしれません」とのことでした。なお、メルヴェイユドールは牧田和弥厩舎へ転厩の予定です。

京都2レースに出走したミッキーオーラは4着、阪神10レースの御堂筋ステークスに出走したニュービギニングは8着でした。

2011年2月25日 (金)

2月26日の出走馬

阪神2レース
1番 ミッキーオーラ 武豊騎手

阪神10レース 御堂筋S
12番 ニュービギニング 武豊騎手

小倉9レース
10番 メルヴェイユドール 藤岡康太騎手

※枠番、成績等は主催者発表のものとご照会ください。

2011年2月21日 (月)

バーディバーディ、フェブラリーSで3着に健闘! ~ 2月20日の成績

池江厩舎最後となるGI・フェブラリーS。好位からレースを進めたバーディバーディは直線、満を持して抜け出しをはかりました。が、前で二枚腰を使ったトランセンドをとらえられず、さらに後方から攻めるフリオーソにかわされて3着となりました。

1102202

池江師のレース後のコメントです。
「ゴール前では一瞬、夢を見たよ。でも、力は出し切った。このところ、成績が安定しているように、本当によく力をつけてきているね。精一杯の競馬をしてくれた。僕も調教師としての仕事はできたからね。満足です。」
騎乗した池添騎手は
「位置取りもよかったし、直線も手ごたえはありました。最後、かわせると思ったんですが…。」
とひじょうに悔しそうにしていました。そんな池添騎手を笑顔でなだめる池江師の姿が印象的でした。なお、バーディバーディは3月1日より池江泰寿厩舎の管理馬となります。

なお、10レースの初音ステークスに出走したレディアルバローザは5着でした。おつかれさまでした。レディアルバローザは笹田和秀厩舎へ転厩します。

一方、京都競馬。11レース・洛陽ステークスに出走したキングストリートはすっかり本格化。後方からレースを進め、直線で鋭くのびて見事優勝を果たしました。おめでとうございます!キングストリートは西園正都厩舎へ転厩します。また、同レースに出走したニルヴァーナは16着。年齢的な能力の衰えは否定できないということで引退が決定しました。長い間、おつかれさまでした!

2011年2月18日 (金)

バーディバーディは3枠5番です。

20日のフェブラリーSに出走予定のバーディバーディの枠順は3枠5番に決まりました。

2011年2月15日 (火)

2月14日の成績

14日、小倉4レースに出走したインアフラッシュ10着、9レースのメルヴェイユドールは2着、11レースの中京スポニチ賞に出走したドリームアライブは6着でした。

みな12日に出走を予定していましたが、小倉競馬が4レース以降中止となったため、急遽2日間滞在を延長しての出走でした。本当におつかれさまでした!

※枠番、成績等は主催者発表のものとご照会ください。

2011年2月14日 (月)

トゥザグローリー、京都記念を制す!JRA通算重賞70勝目

1102132

京都11レースの京都記念、
トゥザグローリーが見事1番人気にこたえて優勝しました!

道中は3番手からレースを進め、4コーナーで外に出すと、
そのまま豪快に他馬を差し切って先頭へ躍り出るという、
ひじょうに強い内容でした。

1102131

騎乗したリスポリ騎手のコメントです。
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。
 本当に強かったですね。
 僕は乗っているだけでした。
 乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。
 池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです。」

1102133

1102136

この京都記念を制したことで、
池江泰郎厩舎はJRA通算重賞70勝目をあげました。

1102134

1102135

なお、トゥザグローリーを池江スタッフが競馬場へ送り出すのは、
この京都記念が最後になります。

1102137

池江調教師は東京競馬場へ行っていたため、
池江敏行助手が臨場で調教師のお立ち台へ。

1102138

市川厩務員にとってはJRA通算21勝目の重賞勝利とのことです。

1102139

 

レース後のトゥザグローリー。
疲れもほとんど見せず、ひじょうに余裕がありました。
さっそく食欲旺盛なところを見せるあたり、
いかにもトゥザらしい、と感じました。

「最後のレースだから絶対に勝ちたかったし、勝てると思っていました。
 これから、まだまだよくなる馬だと思います。」

と市川厩務員。

トゥザグローリーは3月1日をもって池江泰寿厩舎へ転厩します。
市川厩務員は千田厩舎へ行くので、
市川厩務員がトゥザグローリーを競馬場へ送り出すのはこれが最後です。

おつかれさまでした!

東京11レース、共同通信杯に出走したダノンバラードは1番人気におされましたが、9着に敗れています。東京競馬場へ出向いていた池江調教師は
「2戦目に負けたときのような競馬だった。若さが出てしまったね。」
と、ひじょうに残念そうでした。

京都10レース・飛鳥Sに出走したニュービギニングは15着、小倉7レースのグランドチャペルは10着、小倉11レース・門司Sに出走したウインブシドウは13着でした。

2011年2月13日 (日)

2月14日の出走馬

小倉4レース
10番 インアフラッシュ 鮫島克也騎手

小倉9レース
8番 メルヴェイユドール 藤岡康太騎手

小倉11レース 中京スポニチ賞
15番 ドリームアライブ 藤岡康太騎手

※枠番、成績等は主催者発表のものとご照会ください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー